SSディッガー

あらすじ

Z-065Cウィルス・・かって生物兵器と呼ばれたそれは、前世紀の遺伝子工学の生んだいまわしい遺産であり、いまだに猛威を振るっていた・・。政府の行政局監察官であるルパーラはウィルス退治のためいくつもの村を焼き払っていたが、墓掘りディッガーとユーコと偶然の出会いから・・。

著者 : 都築和彦

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)