セーラーブルーの青春

あらすじ

これぞ、部活少女漫画の傑作!水泳少女達の青春が、想いが、スポ根が、そんな気恥ずかしくなるほどの純粋な”若さ”がギュッと詰まった作品です。 中学生になって水泳部に入部した杉沢都(みゃーこ)。周りの部員達が本格的に水泳に取り組む中、みゃーこはただ楽しむためだけになんとなく泳いでいた。しかし、水泳部としての日々を過ごすうちに彼女は部員として、スイマーとして次第に成長して行き、やがてその泳ぎも「勝つための泳ぎ」になって行く。

著者 : 酒井 美羽

酒井 美羽(さかい みわ、1956年2月23日 – )は、日本の漫画家。熊本県熊本市出身。女性。本名・酒井美和子東京デザイナー学院卒業後、山田ミネコらのアシスタントを経験。1977年、「ロリオン」で第2回白泉社アテナ大賞第2席に入賞。1978年、『花とゆめ』(白泉社)9号に掲載の「2年の春」でデビュー。以後、『花とゆめ』などに少女漫画作品を掲載。後に『Silky』(白泉社)、『YOU』(集英社)などでレディースコミック作品を描く。恋愛をテーマとした作品を得意とするが、一時期描いたミステリー・タッチの作品も評価は高い。最近はまた少女漫画に逆戻りしたかのような初々しい恋愛漫画が多い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)