ミキストリII ~太陽の死神~

あらすじ

マフィアによるバスジャック事件で重症を負わされた江島陽介。「心臓を抜き取る」というアステカ神官の恐るべき力を受け継ぎ、特A級の殺し屋として蘇った。その力によって、マフィアに奪われた最愛の妻を取り戻し、幸せな生活を取り戻した陽介だったが…!?

著者 : 巻来 功士

巻来 功士(まき こうじ、1958年7月21日 – )は、日本の漫画家。長崎県佐世保市出身。小学生時代から漫画家を目指し、1974年(16歳時)に投稿作品が『週刊少年ジャンプ』の新人漫画賞の最終候補作になった。それ以来、年5・6回応募して九州産業大学入学後も続けて1978年、20歳で小学館の石森章太郎賞の佳作を受賞する。その後も大賞をめざして『コロコロコミック』『少年サンデー』に応募したが、最終候補に止まった間の授業はさぼり続けて単位が取れず、留年する。本腰を入れて漫画家になるため、1979年に大学を中退して上京。少年画報社に持ち込んだ原稿が認められ、1981年に村田光介名義で同社の『少年キング』に連載された学園アクションコメディ『ジローハリケーン』でデビュー。それが終了した後は『ローリング17』を連載するが、同誌の休刊によって打ち切りとなる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)