チャンプ

あらすじ

山奥の更に奥の山小屋に祖父と二人で住んでいる太一の家にボクサーが合宿にやって来た。ボクサー達の影響をうけた太一少年は学校を出たらボクサーになる事を決意するのであった。

著者 : ちば あきお

ちば あきお(本名:千葉 亜喜生、1943年1月29日 – 1984年9月13日)は、日本の漫画家。満州の奉天(現:中華人民共和国遼寧省瀋陽)出身。4人兄弟の3番目で、長兄は漫画家のちばてつや、次兄は千葉プロダクション社長の千葉研作(元漫画家)、弟は漫画原作者の七三太朗。少年時代は手先が器用でラジオの修理なども出来たほど(ただし、本人談)。高校は夜間学校で昼間は玩具製造工場に勤めていたが身体を壊し退社。療養中に兄・ちばてつやのアシスタントとして漫画界に携わる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)