明楽と孫蔵 幕末御庭番

あらすじ

江戸後期・弘化年間。弱体化する幕府を陰から支え、悪化する治安を取り締まる公儀隠密・御庭番。その職務を受け持つ明楽家の次男に生まれながら、放蕩無頼の日々に明け暮れる青年・伊織。はたして彼を待ち受けるのものとは・・・・・・。時代劇コミックの第一人者が描く痛快アクション巨編!

著者 : 森田 信吾

森田 信吾(もりた しんご、1959年1月5日 – )は、日本の漫画家。主に青年向け漫画雑誌で活動している。愛知県出身。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)