オサムシ教授の事件簿

あらすじ

偏屈で人間嫌いの生物学者・石塚治虫は、自らを”オサムシ”と呼ばせるほどの『虫好き』。そんな彼の、明晰な頭脳と昆虫の知識が、難事件の謎を解き明かす! 地上で最も繁栄したといわれる生物??昆虫。その生態の多様性の前に、ヒトの行動など全て見透かされる! 犯人の行動心理を昆虫の生体になぞらえ真犯人を導きだす、異色のミステリー登場!!

著者 : 山口 よしのぶ

山口 よしのぶ(やまぐち よしのぶ、8月10日 – )は、日本の漫画家。千葉県銚子市出身。講談社でデビュー。その後、白泉社に移り、代表作となる『名物!たびてつ友の会』を連載した。2009年以降は芳文社での執筆が多い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)