静かなる夜のほとりで

あらすじ

お葬式の後に見つけた亡くなった息子のペンフレンドからの手紙。母親は誠を過去の事にしなくない一心で彼女に嘘の返事を返してしまった。そんな奇妙な関係で始まってしまった文通だったが、その相手“高野美鈴”にも嘘があった。彼女は耳が不自由なのだ。劣等感を持つ彼女にとって文字でのやり取りが心の休める場所。ところが、それではいけない、変わらないとと決心した美鈴は誠に会いたいと返事を出すのだが…。

著者 : 横谷 順子

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)