ハチ参る

あらすじ

江戸時代、街道をいく1匹の犬。名をハチと申します。ケガをした主人のため、木札と路銀を首に引っさげて江戸から伊勢を目指すハチは、優しく、とても賢いけれど、臆病なのが玉にキズ! 旅先で出会う人々に支えられた珍道中、波乱万丈な予感…。笑いあり涙あり★ケナゲな参宮犬の旅日記は、ワンコ版・東海道中膝栗毛! ぜ~んぶ新作描き下ろしです!!

著者 : 遠藤淑子

遠藤 淑子(えんどう としこ、1960年6月27日 – )は、日本の漫画家。北海道根室市出身。読者へのサービス精神あふれるウィットに富んだ作風で、根強い人気を持つ。過去作も、文庫本として次々に復刊されている。同人誌活動を長く行っていたが、1985年、白泉社『別冊花とゆめ』秋号掲載の「慶長スラップスティック」でデビュー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)