夜へ放つ~蝙蝠とDTと血塗れ吸血奇譚~

あらすじ

「今はただ、私に身体を預ければいい…」半ば強引に奪われた、或角(あるかど)の唇と、DT。そして奪ったその相手とは…なんと蝙蝠!?―目が覚めると、或角は全ての記憶を失い見知らぬ洋館の中で倒れていた…しかも全身血塗れで!!何故?どうして?これは一体誰の血なんだ…その鍵を握るのは、一部始終を目撃していた蝙蝠だけ。永久に生きることとなった或角、有限の命である蝙蝠。かくして二人の奇妙な日々が始まった…

著者 : 長縄智子

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)