神檻

あらすじ

<『神檻』が看守、四堂迦音と申します。人に害為す『罪神』を『収監』に参りました。お覚悟を――…。> 人に害為す『罪神』を収監する役目を持つ神檻。その看守である迦音と補佐である黒峰は、公園の池の埋め立て工事を妨害し、人に怪我を負わせた水蛇神を収監する仕事に赴くが――。『CLAY・LORD―土の王―』の鈴本純が描く、人と神の物語――開幕。

著者 : 鈴本 純

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)