世界はボクのもの

あらすじ

砂原世界・18歳・男子。

アイドルグループ「マジかよ少女隊」を
こよなく愛する彼には、仲間にはひた隠しにする秘密がある。

それは【ボクシング】が、【異常に強い】こと!!

最強ドルヲタ男子がフルボッコモード凸!!
可笑しいのに、強い!気持ちいい! 

愉快!豪快!ドルヲタmeetsボクシング物語!!!

著者 : 若杉公徳

若杉 公徳(わかすぎ きみのり、1975年 – )は、日本の漫画家。大分県大野郡犬飼町(現豊後大野市)出身。男性。日本文理大学卒業。代表作は『デトロイト・メタル・シティ』。少年時代からマンガを描いており、大学時代から本格的に漫画家を目指すようになる。『週刊ヤングマガジン』(講談社)で佳作を受賞。上京して山本康人のアシスタントを5年間ほど経験した後、『ヤングマガジンアッパーズ』(講談社)で連載された『アマレスけんちゃん』で連載デビューを果たす。自身もアマレスをやっていた経験があるとのこと(まんが天国のインタビューより)。その後、『ヤングアニマル』(白泉社)でデスメタルを扱ったギャグ漫画『デトロイト・メタル・シティ(DMC)』を発表。単発掲載を経て本連載化したこの作品がネット、口コミを通じて話題となり、2010年まで連載された。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)