金剛番長

あらすじ

▼第1話/金剛晄現る!!▼第2話/金剛番長▼第3話/23区計画▼第4話/鮮血の花びら▼第5話/金剛番長vs居合番長▼第6話/激闘の幕開け●主な登場人物/金剛晄(私立雷鳴高校に転入してきた巨漢。「スジを通すこと」にこだわりがある快男児)●あらすじ/「フツーじゃない写メ」をコレクションするのが趣味の女子高生・陽菜子とその妹・月美が、ある日出会った謎の巨漢男・金剛。月美が想いをこめて描いた絵が、通りすがりのチンピラに理由もなく破られたことを知った金剛は、激怒して男の後を追う。その行き着いた先が暴力団であるのにも構わず、金剛はスジを通すために大暴れして…!?(第1話)●本巻の特徴/平和ボケの日本を立て直そうと、ある組織が絶対的支配者による日本征服を目論んでいた。そのプロジェクトとして、選りすぐりの人物、通称「番長」が東京23区を統括しようとしている…。次々と姿を現す「番長」に立ち向かう高校生・金剛晄のバトルを描いた戦慄の漢物語、ここに開幕!●その他の登場人物/桜陽菜子(私立雷鳴高校に通う高校生。両親が仕事で海外に滞在しているため、妹・月美の面倒を見ている)、桜月美(ほんわか保育園に通う陽菜子の妹)

著者 : 鈴木央

鈴木 央(すずき なかば、本名同じ、1977年2月8日 – )は、日本の漫画家。福島県須賀川市出身。男性。代表作は『ライジングインパクト』『ブリザードアクセル』『七つの大罪』。既婚者。愛称は「央(なかば)」の名前から取られた「ばっちょ」。自身の格闘技好きから来る熱い線、趣味の少女漫画に影響を受けた繊細な画風、ファンタジー風の背景が特徴。デビュー作『Revenge』やその後発表した読切は、いずれも中世ヨーロッパ的な世界観のファンタジー漫画だった。初連載『ライジングインパクト』はゴルフをテーマにしたスポーツ漫画だったが、多くのキャラクターの名前が『アーサー王物語』から取られ、また扉絵などではしばしばファンタジー風のイメージイラストが描かれた。連載作品でファンタジーを扱ったのは『僕と君の間に』のみである。『金剛番長』については当初ファンタジー漫画の予定で連載企画を進めていたが、打ち合わせの最中に冗談で挙がった「番長漫画」のアイデアが盛り上がり、そのまま本採用されたという経緯がある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)