山と食欲と私

あらすじ

27歳、会社員の日々野鮎美は、「山ガール」と呼ばれるのを嫌う自称単独登山女子。美味しい食材をリュックにつめて今日も一人山を登るのでした。欲張りウィンナー麺、雲上の楽園コーヒー、魅惑のブルスケッタ、炊きたてご飯のオイルサーディン丼等々。読むとお腹がすく&山に登りたくなる! WEBマンガサイト「くらげバンチ」で最速で100万アクセスを突破したアウトドア漫画の決定版誕生!

著者 : 信濃川 日出雄

信濃川 日出雄(しなのがわ ひでお、1978年 – )は、日本の漫画家。新潟県出身、現在は北海道札幌市在住。男性。代表作は『ヴィルトゥス』。筑波大学芸術専門学群卒業。同期にすえのぶけいこ、斉藤尚武がいる。2001年よりビッグコミックスピリッツ増刊及び本誌にて読切作品を発表。2006年より「fine.」週刊連載。以降「ヴィルトゥス(原作:義凡)」、その続編「古代ローマ格闘暗獄譚SIN(原作:義凡)」を連載。また、SINと平行してFEEL YOUNGで「茜色のカイト」を不定期連載。2011年、東日本大震災復興支援チャリティー漫画本「僕らの漫画」参加。2012年12月発売の月刊ヒーローズにて「アサシンichiyo(原作:細野不二彦)」連載スタート。2013年3月より、ジャンプ改にて「少年よギターを抱け」連載スタート。社団法人日本漫画家協会会員。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)