KIMURA〜木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか〜

あらすじ

第1巻では、熊本の地で生まれ育った木村政彦の幼少期が描かれる。家業の砂利採りを手伝いながら、のちの師匠であり、郷土の英雄であった牛島辰熊に憧れを胸に、柔道に生きる喜びを見出す。

著者 : 増田俊也

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)