GIVE ME たまちゃん! 上巻

あらすじ

「いくらなんでもこの国は、なんだかんだとにかくもう二度と戦●はしない、と心のどこかで信じきっていました」(作者談)

ボクん家の地下でコールドスリープしていた太平洋戦争のハラペコ戦災孤児おたまちゃんが
経済大国になった頃の日本によみがえった!

おたまちゃんの生き別れの愛しの「あんちゃん」は今どこに?

て、どんなんよ。
「コレを描くことによって●争や■が無くなってゆくのだわ♪」と、当時本っ気で信じていました…」という、
マッド作『みすて♡ないでデイジー』に続くマッドくりだし第2弾!
経済大国になった“頃”つーてそのへんがすでに懐かしい今、世界はどこへ行くのでしょう。

いろいろ描いてはイケナイ禁止事項をやぶった由か(?)
この後流浪の身となり、一時コミックスも途中までで止まってしまっていた問題作。
そんなわけで、その後多くの方々の御陰様をもってして最後までご刊行頂き
こうして今も全編お読み頂け得ますことそのこと自体が思えば「奇跡!」な
『GIVE ME たまちやん!』(泣)
どうかお手許にぜひ!

月刊少年キャプテンさんにて1990年頃連載

著者 : 永野 のりこ

永野 のりこ(ながの のりこ、7月5日 – )は、日本の漫画家。東京都多摩地区出身。女性。通称「ナガノ」。代表作に『GOD SAVE THE すげこまくん!』『みすて・ないでデイジー』など。初期に「永野のり子」の表記も使用していた。東京都多摩地区出身で、作品にときどき多摩地区の方言が現れる。法政大学文学部哲学科卒。同期にほりのぶゆきがいる。ほりは漫画研究会所属だったが永野は所属しておらず、当時面識は無かった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)