護法童子

あらすじ

童ふたりの正体は、合体するととんでもない神通力を持つ護法童子。餓鬼にとりつかれた娘、父妹にいびり倒される娘etc…苦しみ惑う信仰心豊かな人々を、護法童子が救済する! 仏教的道徳観で緻密かつユーモラスに描かれた傑作!

著者 : 花輪 和一

花輪 和一(はなわ かずいち、1947年4月17日 – )は日本の漫画家。北海道在住。1970年からイラストレーターとして活躍し、1971年に『かんのむし』(月刊漫画ガロ)で漫画家としてデビュー。伊藤彦造ら大正モダニズムの影響の濃い画風が特徴。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)