春日の局

あらすじ

明智光秀の重臣の娘として生まれた斎藤福。
のちに徳川三代将軍家光の乳母として権勢を振るった「春日の局」。
上巻では、福が生まれ、成長をして、徳川家の乳母になるまでの心の葛藤、苦節の人生を描きます。

著者 : 三浦みつる

三浦 みつる(みうら みつる、1954年11月25日 – )は、日本の漫画家。神奈川県横浜市中区本牧の間門出身。本名、三浦満。男性。血液型はO型。代表作に『The・かぼちゃワイン』など。1971年、神奈川県立磯子工業高等学校在学中に「世にも不幸な男の話」で『週刊少年ジャンプ』(集英社)のヤングジャンプ賞を受賞。高校卒業後にサラリーマンを経て、手塚プロダクションのアシスタントを経験。1973年、『さまよう箱は』で第6回手塚賞佳作、1975年、『僕は狂わない』で第9回手塚賞佳作を受賞。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)