先生は言いなり玩具

あらすじ

大学講師の木下葵は、背徳感を抱えながらも、教え子の黒沢隼人と交際を続けていた。
ある日葵は、趣味で通う絵画教室で偶然隼人に遭遇する。
しかし隼人は、学校にいる時の雰囲気と少し違っていた。
そのまま一線を越えてしまう葵だったが、後日隼人から思いがけない事実を告げられる――。

著者 : 美波 はるこ

未登録の著者です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)