選挙前必見!選挙に行きたくなるおすすめ政治漫画5選

アイキャッチ

東京オリンピック、待機児童、防災、テロ対策、経済対策…

課題山積みの首都東京の知事を選ぶ選挙では小池さんが圧勝しました。今回の選挙は投票率が上がっていましたね。これから何度も色んな選挙がありますので是非政治に興味を持って参加してみてください。

この記事では選挙ってほんとに大事なの?とか自分の一票なんて意味が無いと思っている人に読んで欲しい、選挙に行きたくなるおすすめの政治漫画をご紹介します。

① サンクチュアリ / 池上遼一

サンクチュアリ(1) (ビッグコミックス)

北条彰は六本木周辺を縄張りとする暴力団・北彰会の総長。ある日、北条は組員の田代を伴い、佐倉代議士のスキャンダラスな写真をネタに強請(ゆすり)を計画。その事務所を訪れるが、そこで政治家秘書には珍しい強面(こわもて)の男に追い返されてしまう。田代が事務所に帰った頃、北条は驚いたことにその秘書・浅見千秋と会っていた。そして、北条は浅見と共に国会議事堂を見ながらつぶやく。「オレは、必ずおまえをあの赤絨毯の上に立たせてみせる!」と………

日本を変えるために二人のお事が政治の世界とヤクザの世界に飛び込みそれぞれの頂点をめざすために駆け上がっていく話。とにかく登場人物全員が熱く、かっこいい。

キャプチャ0704

(©サンクチュアリ)

ヤクザの兄貴が「選挙へいけ」と絶叫するこのシーンはあまりにも有名。心が震える名作。

サンクチュアリ

2016.07.14

② クニミツの政 / 朝基まさし

クニミツの政(1) (週刊少年マガジンコミックス)

「腐った政治をぶちのめす!」――姓は武藤、名は国光。中学中退、出前迅速。喧嘩と祭りに生きると決めたが、気付いちまったぜ! “ニッポンは腐ってる”ってよぉ! 小さいオツムにどでかい心、政治家秘書・クニミツの波乱万丈、世直しものがたり、ここに開幕!

もともとはサイコメトラーEIJIの登場人物の一人だったクニミツが主人公になったある意味スピンオフ的な作品。

頭は悪いがハートと行動力のあるクニミツが様々な問題に政治秘書として立ち向かっていく姿、激烈な市長選など見どころが多い作品です。

screen480x480

(©クニミツの政)

主人公が少し暴力的だったり、農薬問題などデリケートな部分で批判も多いですがわかりやすく選挙、政治に触れることができる入門書としておすすめの一作。

クニミツの政

2016.06.03

③ 加治隆介の議 / 弘兼憲史

加治隆介の議(1) (モーニングコミックス)

政治不信の今、若き政治家・加治隆介登場!加治隆介、39歳。一流商社のエリートサラリーマンである彼には、政治家である父・元春と父の下で働く兄・春彦がいた。しかし、代議士の父の急死で衆議院戦出馬要請をうける。総理直々の要請も蹴った加治だったが、政治理念を実行する決断を下した。加治は、落選しても大義を貫きたいと、地元の利益誘導はしない公約を打ち出した。そのため、民政党の公認もはずされ、地元農民の反感をも買い、大苦戦となる。加治隆介の熱き闘いが、今始まる!

政治家のスキャンダルにうんざりしてる国民には待っていたかのような国会議員のヒーロー。それが加治隆介。強い信念で理想を突き通す加治隆介に感動します。また事実関係の調査など徹底しておりリアリティがスゴイ。

島耕作さんの作者の作品ですので当然ですが女性にだらしないのはご愛嬌。

④ 大日本サムライガール / 佐藤健悦

大日本サムライガール 1 (チャンピオンREDコミックス)

街頭で拡声器を片手に演説する美少女・神楽日毬。日本を変えたいと真剣に願う彼女に対して、ふとしたきっかけで彼女を助けた広告代理店の織葉颯斗は芸能界デビューを勧めることに……!? 政治、芸能、経済…あらゆる要素を詰め込んだ超弩級エンターテインメント、ここに開幕!!

アイドル+学園+政治+経済をごちゃまぜにしたいろんなことを風刺を利かせつつわかりやすく説明してくれています。

18歳から選挙権が付与された今こういう分かりやすい作品も重要になってきています。たんなるアイドルものではなくえもうまく、セリフ回しも小気味よくこれから人気が出そうな作品。

⑤ 大宰相 / さいとう・たかを

歴史劇画 大宰相 第一巻 吉田茂の闘争

敗戦、GHQによる日本占領が始まった……。幣原喜重郎内閣打倒後、総理と目されていた鳩山一郎は公職追放され、昭和21年5月、吉田茂が総理大臣に就任。以後、脈々と続く「吉田学校」の始まりだった。党人派と吉田派の仁義なき闘いの幕が切って落とされた。戸川猪佐武のベストセラー『小説吉田学校』を、劇画界の巨匠さいとう・たかをが描いた、傑作戦後日本史全10巻!

政治を歴史から学ぶならこの「大宰相」。

戦後の政治という複雑に絡み合う問題、人間関係などを絵の力を使いながら説得力抜群で描写しておりかなり体力を奪われる作品でもあります。

今の政党政治の成り立ちなどわかるので選挙前に読んでおくといろんなことがハラオチします。またかなり詳細に書かれているため受験、試験対策としてもおすすめです。

まとめ

政治漫画あくまできっかけです。これをきっかけに選挙へ行きぜひ自身の意志を国に、地方に訴えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)