ブーム再来!今アツいおすすめ相撲漫画10選

日本の”国技”とも言われる相撲。最近では「スージョ」という言葉が生まれ。スージョ急増中です!そうなんです、今相撲がアツいんです!!
そんな、おすすめの相撲漫画を10作品紹介させて頂きます。

①火ノ丸相撲 / 川田

火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)<関連記事>火ノ丸相撲

<ストーリー> 弱小の大太刀高校相撲部に現れた1年生、“小さき”少年・潮 火ノ丸! 「デカく」「重く」が絶対の競技に似合わぬ体格のこの新入部員、実はとんでもない過去が!? 頂点・横綱を目指す――ド白熱高校相撲、開幕!!

②のたり松太郎 / ちばてつや

のたり松太郎 1 (My First WIDE)<ストーリー> 落第を繰り返し、19歳ながら中学校に通う松太郎。担任・島田の小言もまさに馬耳東風で、職員室に呼び出されても、マドンナの南先生に目を奪われる始末。今日も学校を早退しては、のたりのたりと家路をたどる。

③バチバチ / 佐藤タカヒロ

バチバチ 壱 (少年チャンピオン・コミックス)<関連記事>バチバチ

<ストーリー> ある事件をきっかけに相撲界を追われ、この世を去った大関・火竜! その息子、鮫島鯉太郎の胸には父が遺した言葉が深く刻まれていた!!待ったなしの角界激震! 本格大相撲漫画!!

④ああ播磨灘 / さだやす圭

ああ播磨灘(1) (モーニングコミックス)<ストーリー> 天下無双の横綱、播磨灘!相撲界の禁を破り、鬼神のごとき勢いで連勝を続ける!
自分を横綱の中の横綱と言い切り、一度でも負けたら引退すると豪語する、新横綱・播磨灘!土俵入りでは仮面をかぶり、対戦相手を徹底的に叩き潰す、非人道的な取り口。相撲界の禁を破り、観客の怒号をものともせず、播磨は連勝を続ける!

⑤おかみさん平成場所 / 一丸

おかみさん平成場所(1) (ビッグコミックス)<関連記事>おかみさん平成場所

<ストーリー> 日本の国技といえば「相撲」。かつては「巨人・大鵬・卵焼き」と子供達の好きなものの代名詞に横綱の名前が入るほどの人気を博していたが、いまや相撲離れは観客数の減少だけでなく、新弟子の志望者数減少にも現れている。子供たちは裸になって廻しを締める姿を嫌い、せっかく入門しても自宅でずっと個室を与えられた一人っ子にとって大部屋での寝食が耐えられずに辞めていくという。そんな今時の「(しきたりが)古風な・(泥まみれになる稽古が)汚い・(稽古が)厳しい」3K業界である角界に、吹き荒れたのが例の「不祥事」。そんな逆風の時代に、不祥事の余波を受けて(たなぼた的に)部屋の親方なってしまった夫のおかげで、まったくの相撲ド素人である主人公・山田若葉が相撲部屋のおかみさんになってしまったのだ。なるべくしてなったわけではない彼女は、問題を起こさないわけがない!

⑥うっちゃれ五所瓦 / なかいま強

うっちゃれ五所瓦(1) (少年サンデーコミックス)<関連記事>うっちゃれ五所瓦

<ストーリー> 五所瓦角は伝統ある武蔵山高校相撲部のたった1人の部員。3年生の五所瓦は、高校最後のインターハイ団体戦に出場し、優勝するのが夢だった。だが、団体戦に出場するためにはどうしても5人の選手が必要で…。五所瓦が集めた助っ人は、とんでもない奴らばっかり。気合いと奇策で立ち向かう波乱の土俵!!爆笑と感動の青春スポーツマンガ!!

⑦土俵を駈ける / とみすず

土俵を駈ける(1) (ヤングマガジンコミックス)<ストーリー> 亡き父―――かつて幕内力士として活躍した弘の里の息子・三上直登。相撲部のない岩木山高校に相撲同好会を新設した彼には、誰もが想像だにしない遥かな目標があった。その目標とは、現横綱・大海風と正面から戦い、勝利すること。父が焦がれた景色をその目で見るため、少年は仲間たちと共に、唯々、前へ前へと歩んでゆく―――。青森県弘前市を舞台に繰り広げる、青春ぶちかまし相撲譚、ここに開幕!!

⑧りきじょ / 歌麿

りきじょ : 1 (アクションコミックス)<関連記事>りきじょ

<ストーリー> 弓道推薦で入った高校で弓道に挫折した明石丸美。退学を迫られた彼女が、藁にもすがる思いで辿り着いたのは相撲の道だった。少数ながらも真剣に取り組む女子相撲部[りきじょ部]の面々。その姿に身も心も打たれた丸美は入部を決意。個性的な先輩達に囲まれて丸美は今日も「はっきよい!」 女子高生が本気でお相撲。

⑨きんぼし / 明石英之

きんぼし 1<ストーリー> 甚野新太は将来を嘱望される投手だった。しかし、慢心が招いた怪我で左目の視力を失い、野球の道を辞めざるを得なかった。その最中、相撲部主将の長尾蒼士が新太の前に現れ、相撲に勧誘した。カッコイイってなんですか?カッコワルイってなんですか?こんな疑問を抱きながら、新太は相撲の道を歩み始めることになる。

⑩鮫島、最後の十五日 / 佐藤タカヒロ

鮫島、最後の十五日 1 (少年チャンピオン・コミックス) <関連記事>鮫島、最後の十五日

<ストーリー> 誰よりも相撲を愛しながらも、小兵と呼ばれる恵まれぬ身体。もがき…抗い…挑み続けた幕内力士、鮫島鯉太郎。熱き力士の冷酷な一場所、十五日間の記録と記憶。大相撲巨編「バチバチ」シリーズ最終章。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
新しい作品から古い作品まで、どれも一度は読んでおきたい作品ばかりです。
もっと相撲漫画が見たい!という方は下記相撲漫画カテゴリーからお探しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)